【活動報告③】 フォトボイス・ウィーク in 東京(2013年3月11日~16日)


フォトボイス

撮る、語り合う、発信する・・・動く

     ―女性たちが見た・経験した東日本大震災―

都内3か所で開催した展示・報告会ではそれぞれ異なるメンバーが被災の経験や、その影響が今も続いていることを、来場者に 伝え、意見交換しました。東京YWCAとパソナ本部ビル(東京八重洲)の展示会は写真と「声」70余セットと大規模なものとなりました。またお茶の水女子大学では、災害に関するセミナーのプログラムの一環で、被災3県のグループメン バーが一人ずつ、被災や支援の経験、現在の心情や復興の実情などを語りました。セミナーには海外で日本語を学んでいる学生が多く出席しており、被災した女性たちの話を直接聞き、日本語で質問しました。

311日(月)~13日(水)@東京YWCA会館】

3月11日(月)3.11メモリアル―あの日がはじまり― /報告会/展示

東日本大震災発災から2年目の当日、発災時刻に参加者全員で黙とうを捧げました。その後、被災3県のフォトボイス・グループメンバーから当時の自分が経験した状況や、現在の地域社会や復興の様子、またそれに対するそれぞれの思いが語られました。来場者も、写真と共にスクリーンに投影された「声」を朗読しました。

3月12日(火)フォトボイスのデモンストレーション/展示

デモンストレーションとは、フォトボイスに興味を持つ方たちが撮影した写真を持ち寄り、グループで語りあうことを体験してもらう企画です。フォトボイスという手法について、口頭や文書での説明とは違ったかたちで、理解・実感する機会となったのではないでしょうか。

YWCA1

東京YWCAカフマンホール展示会にて

ロビー展示風景

ロビー展示風景

東京YWCAカフマンホールでの展示風景

東京YWCAカフマンホールでの展示風景

東京YWCA会館前の立看板

東京YWCA会館前の立看板

◆主催:公益財団法人東京YWCA被災者支援プロジェクト

◆実施:東京YWCA会員グループあい /フォトボイス・プロジェクト

314日(木)@お茶の水女子大学】

海外の日本語習学生とお茶の水女子大学生のための「国際ジョイントセミナー 東日本大震災ワークショップ」の一環として展示と報告をしました。大講義室内の壁に拡大した写真と「声」を展示し、被災3県から参加したフォトボイスグループのメンバーが、自分たちの経験を語り、会場の学生に熱いメッセージを送りました。

お茶の水女子大学での報告するグループメンバー

お茶の水女子大学で報告する岩手県グループメンバー

◆主催:お茶の水女子大学グローバル文化学環

315日(金)~16日(土)@パソナグループ本部ビル】

3月15日 展示会

3月16日 報告会

パソナ本部ビルの展示場にて

パソナ本部ビルの展示場にて

展示の様子

パソナ本部ビルでの展示風景

◆主催:フォトボイス・プロジェクト ◆協力:(株)パソナソーシング

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中